HOME>コメント>納得のいく新築づくり【経験者の声を参考にしよう】

納得のいく新築づくり【経験者の声を参考にしよう】

一軒家

新築一戸建てを建てる上では、自分の理想に近い住宅を建てたいと考えるものです。そのためには、きちんとこだわることが大切です。実際に、みんなが新築一戸建てを建てる際にこだわったところを口コミでチェックしてみましょう。

Review List

バリアフリーの家にしました

高齢になってからも住みやすい家にしておくことで、自分の親や子供たちにとっても使いやすい家になるのではないかと感じ、埼玉の不動産会社に建築依頼しました。バリアフリーの家を建てるにも、ポイントは段差でした。車椅子を使って室内を移動することも想定し、数センチの段差さえもなくし、フラットに仕上げました。廊下は2人分の幅を確保し、階段には手すりもつけました。玄関スロープも必要性を感じていましたが、意外にスペースを必要とするので、玄関を広めに取ることをおすすめします。スロープを作るにしても、靴やゴルフバッグなどがジャマになるため、収納できるシューズクロークも作りました。浴室やトイレ、システムキッチンも、機能性を重視して製品を選びましたが、最近の製品はデザイン性までも高くて、満足しています。せっかく新築を建てるにしても、後々リフォームで費用が嵩むことを考えれば、早々と年老いたことを考えて建てているのが良いと感じました。
[40代|男性]

日差しがたっぷり入る家を作りたかった

住宅の密集するエリアだったので、うまく日差しを取り込んだ家を作りたく、埼玉の不動産会社に依頼しました。陽当たりは、位置関係から見て難色を示す問題があり、ポイントにおいたのは、家と駐車スペースの位置関係でした。隣家があることで陰ができる部分があり、そこを駐車スペースにし、太陽が当たる位置に建物を設計しました。日差しがたっぷり入る位置にリビングダイニングを設けたり、チェアやテーブルを設置し、雑誌を読んだり、お茶ができるサンルームも作りました。各お部屋には、外からの視線を遮りながら光を取り込めるスリット状の窓や、ベイウインドでお洒落にも配慮しました。二階のバルコニーの屋根をガラス張りにすることで、上からも日が差し込んで、洗濯物も早く乾き、主婦としては助かっています。南向きでも、陰にならない位置に必要な設計をしなければ意味はなく、新築にこだわって良かったです。
[30代|女性]