HOME>アーカイブ>注文住宅や分譲住宅購入は一生に一度の大きな買い物

注文住宅や分譲住宅購入は一生に一度の大きな買い物

男女

戸建ての購入にかかる初期費用と抑え方

戸建て購入にあたっては、ある程度の現金を用意しておく必要があります。仲介手数料や、印紙代、登録免許料など様々な費用がかかります。相場は、およそ100万円程度です。その他、着工金や保険料、頭金を含めると最低でも200万は用意しておきたいところです。
しかし、持ち出しが少なくなるべく費用を抑えたい場合には、全てをローンに組み込んでくれる場合もありますし、また業者によっては、契約後に家電割引券や仲介手数料無料などの処置を行ってくれるところもあるため、そのような業者を探すというのも、初期費用を抑えるコツになります。

戸建て住宅のタイプ

一軒家

自由度の高い注文住宅

注文住宅は、全てを一から作り上げることが出来る家です。間取りから内装まで、全てをオリジナルに出来ます。費用は高くなりますが、満足いく住まいを実現出来るため、人気の高い住宅タイプです。また、土地探しから始めるため、立地条件もある程度自分の理想に近づけることが出来ます。

費用を抑えられる分譲住宅

もともとその土地に建っている家をそのまま購入出来るのが、分譲住宅です。食洗機などの便利な家電をはじめ、場合によっては家具などもついている場合があり、初期費用をかなり抑えられます。また、手続きから実際に住むまでの期間が短いというメリットもあります。

建築条件付き土地の住宅

指定した建築業者で家を建てることを前提として売られている土地です。ある程度自由度はありますが、業者によっては間取りやプランが限定されている場合があります。しかし、完全な注文住宅よりは安く、特別割引などが受けられるため、費用は若干抑えることが出来ます。上物より、立地を重視する場合におすすめです。