戸建ては賃貸にはない良さがある

注文住宅の良さは、何より自分たちの好きな家に出来るという点です。間取りを始め、使用する材料や外観、全てをオリジナルに出来るため、不満ない家に住むことが出来ます。また、大家さんのことを気にしたりする必要もなく、のびのびと暮らせるというのも良さの一つです。

注文住宅を建てるメリット

模型

将来財産となる

家賃もローンも、月々の出費額はあまり変わりません。しかし、持ち家は住宅ローンを払い終わったあら月々の出費がなくなりますし、不動産の資産として残ります。売却も出来ますし、子供や孫のために残すことも出来るのがメリットの一つです。

傷を心配する必要がない

賃貸では、床や壁に傷が出来るのを気にして内装を自由に作れないということがあります。しかし注文住宅では、そのようなことは気にすることなく、釘を打ったり壁紙を張り替えたりすることが出来ます。月日が経つのに合わせて、どんどん自分たちらしくカスタマイズ出来るという楽しさがあるのです。

世界に一つだけの家になる

趣味やこだわりの詰まった、世界に一つしかない家に出来るというのに憧れて、注文住宅を建てる人は少なくありません。今から車の見える大きなガレージや、滑り台やブランコが家の中にある家など、個性を尊重した住まいづくりが実現出来、暮らしの楽しさも増えていきます。

二世帯住宅は暮らし方をよく考えて計画しよう

注文住宅を建てる際に、思い切って二世帯住宅にする家庭も多くあります。二世帯住宅は、水回りを完全に別にしたタイプや、ただ部屋数を多くしただけの自由タイプなど様々あります。家族それぞれの意見を聞いて、双方が納得いく住宅にすることが大切です。

二世帯住宅検討者必見!完全分離型と部分共有型のメリットを比較

完全分離型のメリット

壁や階数を隔てて住居をきっぱりと分けるのが、完全分離型です。何かあればすぐに助け合うことが出来る上に、各家庭それぞれの生活リズムや価値観を大切に出来るので、双方ストレスがなくなるというのが一番のメリットです。

部分共有型のメリット

部屋や寝室は別ですが、玄関やキッチンなどは共有として使うというスタイルが、部分共有型です。水回りが一つしかないため、ローテーション制にすれば料理や掃除など、主に姑や嫁側の負担がなくなるのがメリットです。

業者の力を借りて素晴らしい注文住宅を建てていこう

一軒家

家作りには業者の力が大事になる

理想の住まい作りのコツは、信頼出来る業者を見つけるということです。初期の段階で行うのが業者探しになるため、慎重に良い業者を見つけましょう。業者が決まったら、土地探し、間取り、内装、外観、ローンのことなど、全てを担当者と二人三脚で決めていきます。
自分たちに合う業者を見つけるためには、予算や作りたい家の雰囲気などをある程度家族で決めておくことが重要です。それぞれの業者で特色は大きく異なるため、モデルハウス巡りや資料請求をこまめにしながら、見極めていきましょう。